本文へスキップ

シェイクスピア&英国演劇 情報紹介サイト Shakespeare and British Theatre Information Site


ウェストエンドの劇場 West End Theatres

ブロードウェイと並び西洋演劇の最高峰の演劇街ウェストエンド。英国内の別の場所にある劇場で成功した公演は、最終的にはウェストエンドに来ますので、商業的な演劇に対する好き嫌いは別にしても、質の高い公演が揃っていることは確かです。

起源が最古の劇場は、シアター・ローヤル・ドゥルーリー・レーンで、王政復古期1660年にまで遡ります。現在の劇場は四代目で19世紀初め頃に建てられたもの。このドゥルーリー・レーン初め、多くの劇場が、現在は大手劇場運営会社の傘下に入っています。ちなみに、このウェストエンド最古の劇場を所有しているのは、レ・ミゼラブル、ジーザス・クライスト・スーパースターなど多くの人気ミュージカルを手掛けたアンドリュー・ロイド・ウェーバーの会社。

英国では、昔から「音楽劇」の人気が高いですが、現在も、ことウェストエンドではミュージカルが盛んです。言葉が分からなくても気軽に見に行けるので、観光客にも非常に人気。日本でも有名な「ライオン・キング」、「マンマ・ミーア」、「レ・ミゼラブル」等定番ミュージカルが長期上演中の他、RSCの「マチルダ・ザ・ミュージカル」も2018年5月まで上演が決定しています。

その他、上演期間 世界最長記録を更新し続けている、アガサ・クリスティ原作の「ねずみ捕り The Mousetrap」は、セント・マーティンズ・シアターで、ひたすら上演中。 

単体・小規模で運営する劇場________________________________

Theatre Royal Hay Market シアター・ローヤル・ヘイマーケット
Criterion Theatre クライテリオン・シアター
Shaftesbury Theatre シャフツブリー・シアター
Arts Theatre アーツ・シアター
Ambassadors Theatre アンバサダーズ・シアター
St. Martin's Theatre セント・マーティンズ・シアター

劇場運営会社と傘下のウェストエンド劇場__________________________

Really Useful Theatres リアリー・ユーズフル・シアターズ
 Adeliphi*, Cambridge, Her Majesty's, London Palladium, Theatre Royal Drury Lane
 アデルフィ(共同運営)、ケンブリッジ、ハーマジェスティズ、ロンドン・パラディアム、ドゥルーリー・レーン
Nederlander Theatres ネダーランダー・シアターズ
 Aldwych, Dominion, Adelphi* オルドウィッチ、ドミニオン、アデルフィ(共同運営)
NIMAX Theatres ニマックス・シアターズ
 Apollo, Duchess, Garrick, Lyric, Palace, Vaudeville
 アポロ、ダッチェス、ギャリック、リリック、パレス、ヴォーダヴィル

Delfont Mackintosh Theatres デルフォント・マッキントッシュ・シアターズ
 Gielgud, Noel Coward, Novello, Prince Edward, Prince of Wales, Queen's, Victoria Palace, Wyndham's
 ギルグッド、ノエル・カワード、ノヴェロ、プリンス・エドワード、プリンス・オブ・ウェールズ、クイーンズ
 ヴィクトリア・パレス、ウィンダムス

Ambassador Theatre Group アンバサダー・シアター・グループ
 Apollo Victoria, Duke of York's, Fortune, Harold Pinter, Lyceum, Phoenix, Piccadilly, Playhouse, Savoy,
 Trafalgar
 アポロ・ヴィクトリア、デューク・オブ・ヨーク、フォーチュン、ハロルド・ピンター、リセウム、フェニックス、
 ピカデリー、プレイハウス、サヴォイ、トラファルガー


演目はこちら

観劇案内

<シェイクスピアを観る>
有名劇団の公演を観る
言語に頼らない公演を観る
その他の劇場で公演を観る

<ウェストエンドで芝居を観る>

ウェストエンドの劇場
ウェストエンドでの観劇と食事

チケットの手配について